#Eureka

映画と写真に恋した人生

一眼デビューにPENTAX-K70を選んだ理由

2年前のとある日。いきなり「一眼レフはじめたい!」と思い立ち、半ば衝動的に購入したPENTAX-K70。購入当時のことを振り返ってみるよ。

 
買う前にざっとネット情報を見たんだけども結局はよくわからなかったし、店頭で触ってみたら気持ちも変わるかもしれないと思い、さほど調べずに店に向かいました。
初めてのカメラだし性能が良いとかコスパに優れてるとか、初心者なりに使いやすいとか色々得した気分になるようなものを手に入れたいのはベースにはあったんだけど、結局はフィーリングじゃないでしょうか、買い物って。

店頭に行き「初めての一眼レフを探してます」と店員にいうと、店員はEOS kissを薦めてくれました。素人の私でも知っている機種でしたが、偏屈な私はなんとなくそのメジャー感が受け入れられなくて、別のものを見せてもらうようにお願いをしました。

それはPENTAX製品。
私の愛する番組「水曜どうでしょう」で、これまた愛する藤村Dと嬉野D(特に嬉野さん)がよく首にぶら下げている名前がPENTAXでした。
このDVDでバズーカと呼ばれたのもPENTAX。望遠レンズですね。

 

 初心者向け・コスパ良し・ボディ強しの良製品

購入後、初心者でもすぐに扱うことができました。買った当初、何の知識もなかった私は金沢旅行で一眼を持って行ったんですが、そこですごい失敗をやらかしています(それについては別記事まとめます)振り返って改めて思うのが、一眼レフを買うならISO感度シャッタースピードF値の基礎的なことは知ってた方が良いですね。オートモードで扱えるのは確かですが「あれ?映りが悪いな?」って感じたときに対処できる方法を知らないと、結局はきれいなものも撮れません。

結果的にPENTAX-K70を買ってよかったです。愛着も持てていますし、今のところは不満はありません。まあ他を知らないってのもありますし、比較できるほど使いこなせていないというのが本当のところかもしれませんが。 

カメラを学ぶとっかかりをどこで作るかが課題

カメラ上手になりたい!と今の私は漠然と思っていますが、そこにゴールはありません。仕事で使うでもないし、賞を目指しているわけでもない。あくまで自分が満足いく写真が撮れるかどうかレベルなので、自分の好みに依るところが非常に大きい。

これでは一般的に上手といわれるレベルには到達しないだろうな、とも思うし、構図とか基礎的な学びは必要には感じるけれど、素人では学ぶとっかかりが見つからない。

ここで少々懐かしい話を。私が昔にお付き合いしていた男性がプロカメラマンでした。カメラ嫌いのカメラマン。家業がカメラマンで専門学校できちんとカメラを学んだ人でした。私は当時、撮られることが嫌いで彼が行く先々でカメラを向けてくることがすごい嫌だった。そしてなんでも記録に残そうとすることも嫌だった。

彼はプロだったから知識もそれなりにあって、うんちくもたくさん聞かされた。
彼が特に「〇〇なカメラマン」を嫌っていて、その〇〇は「後の加工に頼りすぎる」カメラマン。

当時の私と彼の考え方は全く真逆だった。

私は知らなくても撮ってるなかでもっとこんな風に撮りたい!と思えば自発的に必要なことを学んだりするでしょう、という考え。

一方彼は、理解しないままで撮っても、そのカメラでどこまでの事が可能で何ができるか、どんなものが撮れるかわからないから意図しないものが撮れる、それはナシだという考え。

カメラに本気になり始めた今、彼の言ってたことがようやく響いてきました。

休日、写真を撮る

 

f:id:tamachan0706:20181021174221j:plain

逆光

f:id:tamachan0706:20181021174226j:plain

こういった場所もカメラを向けると雰囲気があっていいな。もっとかっこよく撮りたい欲に駆られる。

f:id:tamachan0706:20181021174330j:plain

f:id:tamachan0706:20181021174244j:plain

このPENTAX K70の良いところだと思うのは、緑がとてもきれいに出るところ。

f:id:tamachan0706:20181021174240j:plain

f:id:tamachan0706:20181021174230j:plain

雰囲気のあるカフェとオンボロアパート。中に立ち入ってみたい衝動に駆られる。

f:id:tamachan0706:20181021174254j:plain

毎日通っていたのにカメラを向けるまで気づかなかった煙突。

f:id:tamachan0706:20181021174250j:plain

 

 突然一眼レフが欲しくなって購入したよという話を、後日母にしたら
「死んだおじいちゃんがよくカメラ持って全国の神社仏閣行ってたよ~。お遍路さんしながら写真撮って回ってた」と聞かされた。

そのおじいちゃんは私が小学校2年生のときに70歳の若さで亡くなった。
おじいちゃんが生きていたら一緒にカメラを持って神社仏閣に行きたかった。