日々、寫眞。

なにげない人のなにげない日常

過去と現在が同居している

突然ですがこんなインスタをはじめました。
インスタで表現する私の東京生活。

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by Myu (@myu.tokyolife)

 

 2017年に上京してきて、3年半が経過ました。
 最近そのことについて思案する時間が増えました。後悔や反省とかではなく、良かったのか悪かったかではなく、現役人生を75年と仮定して、残りあと約35年。1982年生まれなので今年で39歳になります。

 住む場所、働く会社、仕事内容、共にする人、出逢う人、起こる出来事、日々の喜怒哀楽、充実感、達成感。35年間生きてきた大阪時代より確実に今の生活のほうがこれらの点数が高くて、それだけで東京に来て良かったなとつくづく思うんです。

 自分が変わったなという実感もあります。変わらざるを得なかった部分もあって、でもそれは大阪では起きえなかった。大阪時代の私は何事も受け身で、行動力がなく、流されるがままで、日々を漠然と生きていました。

 今の生活では基本スタンスは変わりませんが、かなり主体的に取り組めるようになり、それに対しての自信もついてきた気がします。

f:id:tamachan0706:20210509224236j:plain

下北沢での1枚

 という自分の中では一本に繋がっている点と点も、他人から見ればただの点で、なにかそれをそのときの気分や衝動で落としこめるツールが欲しいなと思ったんです。

 PCに向かわなくても、スマホ一つで完結するような……結局、私のなかでインスタグラムが一番楽です。以前は正方形を気にしなきゃいけないストレスがすごくてあまり好きではなかったんですが、タグひとつでいろんな写真が見られることと、ギャラリーに行けば発信者の匂いが感じられることが、私は好きです。

 

 ブログで過去の自分の話をし出したら必要以上に長くなるに決まってるし、自分も疲れちゃうし。インスタだと写真がメインで気になればキャプションを読む、のようなお手軽さがいいなと思い、インスタで日記をはじめることにしました。

 

 基本は現在進行形でオンタイムでの出来事を綴りたいですが、今の世情的におでかけやら思い出作りが難しいので、過去の写真をひっぱりだしてきて、あの頃はどうだった、ああだった、今ならわかる、振り返り作業を自分でやってみたりしています。

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by Myu (@myu.tokyolife)

 このブログではインスタ更新のお知らせなどちょくちょく挟むと思います。